派遣の仕組み

派遣とは?


 

正社員、パート、アルバイトのような働き方のひとつです。

koyou正社員やアルバイトは、実際に働く場所と雇用契約を結ぶ先が同じですが、派遣では、雇用契約は派遣会社と結び、派遣会社と契約を交わしている会社(派遣先)で仕事をするという雇用形態になります。

実際の仕事の指示は派遣先企業の上司から直接受けますが、給料や福利厚生などは、派遣会社から受け取ります。お仕事は、派遣会社に登録をしておくと、派遣会社があなたの代わり希望に合った仕事を探してくれます。

派遣のメリットは、派遣で働く事のメリットは働く期間や時間、勤務地、仕事内容など、さまざまな条件で自分のライフプラン、キャリアプランに合わせた選択ができることです。たくさんの仕事情報の中から「今の自分に合った」お仕事を選んで働く事ができます。

正社員であれば、たとえ希望の仕事に就いたとしても、待遇が変わったり、異動でやりたい仕事以外のことを任せられたりということもあります。その点、派遣スタッフは、仕事内容が契約によって定められているため、契約外の仕事をすることは基本的にありません。
「販売職を極めたい!将来自分のお店を開きたい!」という夢や希望のもと、その仕事だけに特化して働く!というスペシャリストを目指す働き方など、自分に合わせた働き方ができます。
また、その仕事も自ら情報を集める転職活動と違って、派遣会社が条件に合った仕事を紹介してくれます。希望職種についての相談やプロの目線からのアドバイスを受けることもできます。
一方、デメリットもあります。希望に合った仕事に就けるか就けないかは、実力以外にもタイミングによって左右されることがあります。また、契約が終了しても次の仕事にスムーズに移ることができれば問題ありませんが、契約単位で仕事をするため、思いがけずブランクが空いてしまうことがあります。いつも希望の仕事があるとも限りません。

急速に拡大する派遣労働市場においては、派遣で働く環境もより良いものにルールが変わってきています。
派遣は、労働者派遣法という法律でルールが決められております。さらに詳しい名前(つまり正式名)は、「労働者派遣事業の適正な運営の確保および派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」といいます。
派遣法とは、要するに、派遣で働くスタッフの権利を守るための法律であって、これを実現するために、派遣会社とか派遣先企業が守るべきルールを定めているのです。 なお、労働者の権利を守るための法律としては、他に労働基準法があります。しかし、労働基準法で定められているのは、正社員も派遣もパートもすべて含めた、つまり雇われて働く人すべてに関わるものです。これに対して、派遣法では、「派遣という形態での労働」という、従来の労働関連法ではカバーしきれない労働に焦点を当てています。

派遣法は、 1986年7月1日から施行されています。その後、社会環境の変化に対応して、何度か改正が行われました。以前は派遣で働ける期間や職種、選択の幅は限られていました。今では大きく変わっています。大幅な改正があったのが1999年と2003年です。以前は派遣で働ける職種と言えば26職種に限定されていましたがが、今ではほとんどの仕事で可能になっています。そして、今もなお改正は進んでおり、派遣就業期間についての厳しい制限も緩和されています。さらに、これまで禁止されていた医療業務や製造などの分野でも条件付きで解禁になっており、派遣で働く人にとってますます働きやすい環境が準備されてきていると言えます。
また、最近良く耳にする「紹介予定派遣」。これは「将来的に正社員になることを前提として、派遣スタッフとして仕事をスタートする」という新しい働き方です。一定期間派遣スタッフとして働いた結果、働く側も会社側も社員としての採用を望み、双方が合意した場合に社員化できるという制度です。派遣期間中に職場や仕事を理解し、その企業が自分と合うかを実際に経験してから判断できるというメリットがあります。
最近では、経験者の紹介予定派遣だけでなく、新卒・第2新卒向けの紹介予定派遣などもたくさん増えてきています。